催眠と性感の相乗効果

性交痛という悩みの他にもうひとつ大きな悩みを抱えています。
もしかしたらこちらの方の悩みの方が重大で、この悩みを解決できれば
性交痛もクリアできるのはないかと考えていました。

その悩みとは、一度絶頂を迎えると一気に萎えてしまうということです。

体より気持ちの方が大きく落ちてしまう。

落ちるというより、冷める、潮がひくような感じですね。

一度イッテしまうとくすぐったくて触れられるのも嫌だという女性は割と多いと聞いたことがあります。

私も若干そんな風にはなりますが、気持ちがまったくダメなんです。

やたら冷静になってしまい、特に性感マッサージを受けていると
それまで忘れていた罪悪感やら嫌悪感と言いますか自分で自分を軽蔑するような嫌な嫌な感情が
よぎってしまい、「もう二度とこんなことはしない」「早く終わらせて帰りたい」とも
考えてしまうほど。

それでも、粘り強く私の性感帯であるクリと乳首を責めてもらうとだんだんと体の快感が勝るようになって
時間はかかりますが、めでたく2度目の絶頂を迎えることができます。

ただ、2度目まではとても時間がかかりますし私の反応もあまりないためか
しびれを切らして、膣内に指を挿入される方がいます。

そうなると、ただでさえ感じてないうえに痛みがプラスされてしまうので、完全にアウト。

2度目の絶頂どころか2度とこのマッサージ師の顔も見たくないわってなります。

よく考えると今までしてきた通常のセックスにも思い当たります。

前戯でクリトリスを愛撫されます。そのまま気持ちいいから続けてもらい私はイッテしまいます。
私はもうある意味終わってる状態。でもパートナーは今からが本番。
彼は盛り上がるが、私は冷めてる。当然二人とも楽しくないし、気持ち良くない。

そういうことかと今なら理解できますが、かと言ってじゃあどうすればいいの?

そこで、前回お願いした催眠療法をプラスした性感マッサージなんですね。

催眠の効果で一回イッタ後、気持ちが冷めないようにしてもらえれば、もしかしてもっと楽しく気持ちよくなれるんじゃないかと考えました。

そして、その通りマッサージ師にお願いしてみました。

「まるで男性のようですね(笑)わかりました。目標は2回イケるように頑張りましょう。後、中でも気持ち良くなっていただけるようにも」

と力強いお言葉を。

そして、性感マッサージへ。
前の記事にも書きましたがこの人すごく焦らすんですよね。

クリを触ってほしいのになかなか核心には触れてくれない。
でもすごく気持ちいい。今まで足裏や太ももなんかではピクリとも感じなかったのに
もうたまらなく気持ちいい。

プラス言葉で誘導されます。「ここも気持ちいいですよね」「ここも・・・」なんてささやかれると
私は「うんうん気持ちいいです。本当に気持ちいです」って答えてしまいます。

そして、待ちに待ったクリへのマッサージ。

当然のようにイッテしまうんですけど、いつもとは違う感じなんです。
うまく言葉で表現できなけど、まだ道の途中っていうか、まだこれ以上の何かがあるっていう
期待感っていうか・・・

で、正直なところ自分でもこのへんのことは明確に覚えてないんだけど
いつものように気持ちは萎えることはありませんでした。

それどころか、いつもなら極力避けていたマッサージ師さんとのスキンシップを私の方から求めてしまい
ぎゅーっと抱きついてしまうほど。

そして、冷めるどころか体も心も「もっともっと気持ち良くなりたい」ってどんどん盛り上がる。

そして、マッサージ師さんが優しい言葉でささやきます。
「まだ、責めてないところがありますよ。どこだかわかりますか?」
「乳首をまだ触ってもらってません。」
「触ってほしいですか?」
「はい、お願いします」

そして、これも少しずつ少しずつ周辺からじわじわと乳首へのマッサージ。

めっちゃ気持ちいいんですけど。もうすごい声が出てますけど。

そしておどろくことにそのまま乳首への刺激だけであっという間に2度目の絶頂を。

本来、2度目への道のりは険しく長いはずなのに、乳首だけですよ。乳首だけ。

そして、自分でもびっくりしたのが中に指を入れてほしくてたまらなくなっていたんです。
そんなこと今まで一度もなかったのに。

私の気持ちを察したのかマッサージ師の人もすかさず「中も気持ちいいですよ」と指を挿入。

本当にソフトで優しい指使いで痛みはまったくありませんでした。
「こんなに気持ちいいんだ・・・」

そして、あまり時間はかからず念願かなって中でイクことができました。

気付くと、再び私はマッサージ師さんに抱きついていました。
いつもなら、気持ちも体もしんどい状態なのにこの時はただただ嬉しくて幸せで
涙もでちゃいました。

本当ならまだまだ気持ち良くなりたかったけれど、この日はこれで終了です。

なぜ、気持ちが冷めることがなかったのか。催眠効果なのか。
本当のところはわかりません。
ただただ、このマッサージの方との相性が良かっただけかもしれないし、私のコンディションが良かっただけかもしれません。

また、同じような快感を得ることができるかもしれないし無理かもしれない。

あんなに痛くて怖かった性交痛も体だけの問題ではなかったんだということがわかりました。
なら、こんな私でももっともっと気持ちいいセックスができるかもしれない。

そう思えることがとても嬉しいのです。

今回のマッサージを受けて私は心も体も本当に癒されました。

来月、もう一度この方にお願いしようと思っています。

それを楽しみにお仕事頑張らないと。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ