私は病んでいるのか?~4回目の性感マッサージの予約にて

ルールを制定して初めての性感マッサージ。
トータルで4回目(4店目)です。

もう同じ過ちは繰り返さないと固く誓って今回は利用する1週間前からお店の選定を始めました。

予め、第一希望から第三希望まで絞り込みます。

そして同じ内容のメールを同時に送信。この3店とも優秀でそれぞれ10分以内に返信がありました。

残念なことに第一希望のみが日程があわず今回は見送り。

第二と第三に詳細な希望事項を書いたメールを送信。

二つとも「大丈夫ですよ。お客様の希望はすべて了解しました」との丁寧な返信が届く。

じゃあここは第二希望に決めるかなと思い、「では、お願いします。」と第二希望のみ返信。

一応保険のため、第三希望には「少し考えて、改めて返事します」と返信。

あとは、第二希望の方へ当日の場所の説明をするメールを送って待つだけと思っていたら、「強制ではないですが、当日の施術をスムーズに行うためアンケートにお答えください」とメールが届いた。

内容は、どんなプレイが好きですか?とかいじめたいですか?いじめられたいですか?という内容の他に既婚者の方へという前書つきで「パートナーとのセックスに満足していますか?」という内容。あとは男性性器に興味がありますか?という質問がありました。

ふむふむと、ひとつずつ答えていきました。
「とにかく気持ちよくなりたいですが、膣内は痛みが伴うのでできるだけソフトにお願いします」
「どちらかというと虐められたいかな。いじめたいとは絶対に思わないので」
「主人とは10年以上のセックスレスです」
「男性性器に興味はありません。触るのもいやだし見るのもいやだ」
と正直に書いて送りました。

すると「過去に男性に嫌なことをされたんでしょうか?男性性器に恐怖心を抱いてるらしいので心配です。僕は体だけじゃなくメンタルも含め癒したいと考えております。差しさわりなければ貴女が抱えてる悩みを打ち明けていただけないでしょうか?」と返事がきた。

「えーっ?悩みってただ更年期を前に性欲が高まってるだけだし。男性性器に恐怖心ってただ単に安全防止のためだけだし、主人のもの以外は見たくないし触りたくないだけなんだけど・・・」と驚いてしまった。

できるだけ大袈裟にならないように「悩みはありません。ただ欲求不満の解消をしたいだけです。男性性器に関する記述は夫以外の人の性器は見たくないだけですし、安全のためだけなので恐怖心はございません」と書きました。

すると「わざと明るくふるまっておられる事からみて、心の傷はよほど深いのでしょうね。なんとか私でお力になれればと思っております。」ときた。

もう、正直めんどくさいって思いました。何か?女はただ単純に気持ちよくなりたいって理由で風俗利用してはいかんのか?心が病んでる女しか風俗は利用したらいかんのか?

これでは、当日会ってもこの問答が続いてしまうしまう。あーそんなのはしんどいし重すぎると考えて結局断ることにしました。
「すいません、急用のため都合があわなくなりました。また改めて連絡します」とメールをしました。

すると「残念です。最後の勇気さえあれば貴女は生まれ変われることが出来たのに」と返信がありました。

生まれ変わりたかったのか?私。違うよな。うん。と自分に言い聞かせながら、第三希望だった方に「すいません。ようやく踏ん切りがつきました。まだ予約が可能ならお願いします」とメールをしました。

「大丈夫ですよ。場所はどちらがよいですか?」とだけ返事があり、アンケートもなく「悩みはありますか?」等のメールもありませんでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ