性交痛の原因-私の場合-

私の場合、膣内への挿入はペニスやバイブ、指すべてに痛みを感じてしまいます。

その痛みが私をセックスから遠ざけた原因にもなっています。

好きな人とキスをする、抱き合う、胸をもんでもらう、クリトリスを触ってもらう、この行為は大変気持ち良くて私も大好きなんですけど、その後の挿入行為でぜったい痛い思いをするってわかってるから、どうしても積極的になれません。
なので、我慢して我慢して時には感じたフリもしながら「早く終わってー」っ心の中で叫ぶセックスをしていました。
当然、楽しくないし楽しませてあげる余裕もありません。

結婚して間もなく、生理痛があまりに激しくなって気を失うほどだったのでたまらず婦人科に行きました。
その時、生まれて初めて内診をされた時やはりとても痛かったんです。

「あなた、普段のセックスはちゃんと出来てる?すごく痛いんじゃない?」と先生がおっしゃりました。

それで、上に書いたようなことを説明すると「子宮の位置が原因よ。しかも子宮内膜症も併発してるから痛みはかなりひどいでしょう」と言われました。

先生の話では、私の場合子宮が通常より後ろで下方にあるらしくって、ペニス等を挿入したら奥まで届かずに壁に突き当たってしまうため、快感どころかただただ痛いだけ。子宮内膜症のため子宮と大腸が癒着している箇所もあるから、痛みが子宮だけではなく下腹部全体に広がって痛みも増幅するばかり だそうです。

性交痛だけではなく、このままで妊娠するのも難しいし、生理痛もひどくなる一方だから治療しなければ治らないと言われました。

この場合、治療とは手術とホルモン剤の投与です。

「うーん、手術かあ・・・」と躊躇してしまってその時は、「少し考えます」ということで生理痛を抑える鎮痛剤だけ処方してもらいました。

それから、数か月後に一時は余命は半年から1年なんて宣告されるほどの病気が判明したので、私の子宮の位置は修正されないまま現在にいたります。

子供をつくることを断念したこと、もう夫とのセックスもすっかり無くなっていたこと、生理痛はひどいままだけど月に2日鎮痛剤を上手に使うことで生活に支障がなかったことで私もすっかり忘れていました。

あと、一度セックスレスに悩んだ夫がカウンセリングに通ったことがあります。
(時期的には私が婦人科に受診した頃と同じかな)
その時、私も受けた方がよいと言われ2度カウンセリングに行きました。

また、機会をみてこのカウンセリングのことや夫の話は書きたいと思ってるので詳細は省きますが、
その時に私の痛みに対する恐怖心を指摘されました。

セックス=痛い=こわい=体が緊張する=ますます痛い

悪循環ですよ。と説明され大いに納得しました。

まあ、結局私たち夫婦は二人の判断でセックスレスな結婚生活を選んだので、私は性交痛に悩まされることもないんだと逆にほっとしていました。

何度も書いてる通り、自分でも驚くほどの性欲があふれでてきて、性感マッサージを選んだ私はひさしぶりにこの性交痛の壁にぶち当たりました。

なんとなく頭の中でオーガズムを感じるには膣の中でなければだめだという認識があったため、願望はあっても絶望もしていました。

「気持ち良くして。でも痛くしないで」という難題に答えてくれるマッサージ師と出会えた私にとって、
膣のなかでイクことが出来たらっていう新しい目標もできました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ